書籍

【書評】好奇心を”天職”に変える 空想教室 ー 植松努 ー

「思うは招く」

幼いころ誰もが持っていた夢。あのころはなりたいものややりたい事がたくさんありました。

 

「どうせ無理」

歳を重ねると”現実”の波にのまれ、いつしか心のどこかでこう思うんです。

そして自分の友人や子供にさえこの言葉を突きつけてしまう。

 

「思ったら、そうなるよ」

でもね、夢があったらなんでもできます。本当です。

子供だけではなく、もちろん大人でも。

 

小さな町工場から自家製ロケットを打ち上げ、宇宙開発の常識を逆転させた、植松努さんのどんな夢でも実現させる方法を綴った一冊。

 

さぁ、手に取ってみよう!!【書籍の紹介】

あなたの夢はなんですか?

本書は、「夢」を抱くことの大切さや、「夢」を叶えるために必要なことを、わかりやすく丁寧な言葉で書かれています。心に刺さる言葉がたくさんあり、著者の人柄がにじみ出てくるそんな一冊です。

 

私たちは大人になる過程で夢は叶わないものと教わってきました。

 

「これがやりたい、将来あれになりたい。」と言うと、それをやったこともない人が「無理だ」と決めつける。

 

いつしか日本では「夢」とは叶えるものから叶わないものになってしまったのです。

そうして育った大人が自分の子供に「無理だ」と言う。

 

夢とはなんなのでしょうか?

すでにできることだけが夢なのでしょうか?

 

それは違います。

まだできないことを追いかけることが夢なのです。

 

夢を叶えるために、できることは簡単です。それは否定しないこと。

 

夢を叶えるのは大変です。うまくいかないときやあきらめそうになるときもあります。

そんな時は自分にこう言ってあげてください。

 

「だったら、こうしてみたら?」

 

もう一度聞きます。

 

あなたの夢はなんですか?

 

 


中身がわかる!?書籍の要約ポイント

しあわせになるためには、まず「自分にとってのしあわせはなにか?」を考える必要があります。その上で「そのしあわせを手に入れるためには、どうしたらいいか?」を考えて、自分から行動を起こすことによって、はじめてしあわせになれます。

 

いきなり「してもらおう」と思わず、まずは自分で考えて、自分でやってみる。

 

お金はくだらないよ。

一晩で価値が変わることがあるからね。

だからお金があったら、貯金なんてしないで、本を買いなさい。

知識を頭に入れなさい。

それは誰にも取られないし、価値も変わらない。そして、新しい価値を生み出してくれるから。

 

教科書に書いてあること、親や先輩や学校の先生や会社の上司が教えてくれることは全部、「昔の事」。「これから」と「未来」のことは誰も知らないから、誰も教えようがないのです。

 

信じてもらえないのが当たり前。だから、自分を信じればいい。「人からこういわれそう」とか、「人にこう思われそう」などと悩まなくてもいい。

 

自分を信じて、自分で考えて、自分でためしたら、必ずすばらしいことが起こります。

 

失敗は無駄ではありません。次をより良くするために必要なデータです。

だから自分が失敗したときも、誰かが失敗したときも、人を責めずに考えてみてください。「なんで、失敗したんだろう?」「だったら、次はどうすればいいんだろう?」と。

 

生まれたときからあきらめ方を知っている人間なんて、この世にひとりもいません。

 

他人にどう評価されても、自分たちの評価を信じよう。

 

本当の我慢とは「違う方法を、考えること」なのです。

 

”あきらめ方”を教えようとするのは、ごく平凡な「やったことがない人」です。

 

「違う」ということを楽しんでください。「違う」ということはすばらしいことなんです。

 

能力というものは、失敗するか成功するかの「経験」によって身につきます。「楽をする」ということは、つまり「その経験を避ける」ということです。

 

大事なことは「わからないこと」をそのままにしなければなんでもできる、ということです。「わからない」というだけだから、わからないのです。わからなかったら調べればいい。ただそれだけでなんでもできるんです。

 

人の可能性を奪おうとする、象徴的な言葉が「どうせ無理」です。

簡単な言葉です。すぐ楽ちんになれる恐ろしい言葉でもあります。この言葉をつぶやくだけで、なにもしなくて済んでしまうからです。

わたしたちは「どうせ無理」という言葉を知らずに生まれてきました。

誰が「どうせ無理だ」と教えてくれたのか。

それは、やったことがない人たちです。やったことがない自分の心です。

 

「なにになりたいか」ではなく「なにをやりたいか」を考える。

できるかどうかは気にしない。やりたいことはなんでもやってみよう。

 

こんな方におすすめ

・子を持つ親

・これからの時代を担う若者

 

書籍情報

書籍名 好奇心を”天職”に変える 空想教室
著者名 植松努
出版社 サンクチュアリ出版
出版日 2015/11/1
オススメ度
目次 Lesson1:思い描く。
Lesson2:思い込む。
Lesson3:思いやる。
Lesson4:思い切る。
Lesson5:思い続ける。
Final Lesson:おわりに。