プラモデル

フジミ 1/700 「比叡」 戦艦2隻目に挑戦!!製作記2

「フジミ 1/700 特シリーズ No.37 日本海軍戦艦 比叡」に挑戦中です。

 

前回は船体・艦橋・煙突・主砲と主要パーツを造っていきました。

フジミ 1/700 「比叡」 戦艦2隻目に挑戦!!製作記1戦艦2隻目に挑戦です!!今回は金剛型戦艦の2番艦「比叡(ひえい)」にしました。 前回の金剛はエッチングパーツが購入できなかったため...

 

こうして纏めると順調に進んでるように思いますが、ここまでくるのに数ヶ月かかってます(汗)

その原因は木甲板のマスキング処理!!

途中で投げ出して、しばらく模型造りから離れてました・・・

という訳で(どういう訳だ)、続きに取り掛かります。

 

主要パーツを船体に組み立てていきます

まず重要なのは、主要パーツをいきなり接着せずに仮置き(仮で組み立てる)することです。

なぜかというと、パーツ同士が入り組んでいる箇所は組み立てる順番があるからです。

あー、これこっちを先に付けるべきだったーー!!どうしよう、、、

という場面に何度か出くわしました(汗)

あとは艦橋を組み立てる時なんですが、垂直方向・水平方向が意外とズレるので微調整が必要だったりします。

艦橋を組み立てていきます

f:id:ujinet00:20180717220849j:plain
こんな感じで仕上がってます。ピントが合っていなくてすみません・・・

そして欲を出し空中線(ここではロープ張り)にも挑戦してみました。

 

・・・

・・・

・・・

 

結果は惨敗!!へたくそ丸出し。やらなきゃよかった

まぁ、これは練習ということであきらめます。やらなきゃうまくならないからね。

諸先輩方のブログを見ると凄くキレイに空中線が貼られています。どうやってるんだろう。誰か教えてくれ。

一応、メモとしてやり方を残しときます。

f:id:ujinet00:20180717221004j:plain
f:id:ujinet00:20180717221032j:plain
まずはロープの上を瞬間接着剤で滑車に固定します。

 

f:id:ujinet00:20180717221049j:plain
そしてロープの下を適当に固定します。これホント適当、、、

綺麗に見えるように工夫しました。うまくいかなかったけどね。

次は煙突を組み立て

f:id:ujinet00:20180717221137j:plain
f:id:ujinet00:20180717221149j:plain
これもピントが合ってません。

煙突は特に苦労したところはありませんでした。

設計書通りに接着すれば良いです。


エッチングパーツの手すりを接着

船体の手すりを付けるタイミングなんですが、今回は主要パーツを組み立てた後にしてみました。

駆逐艦を作ったときは一番最後に手すりを付けたんですが、戦艦はなにかとごちゃごちゃしてるので、邪魔になると想像してこのタイミングで付けることに。

f:id:ujinet00:20180717221225j:plain
f:id:ujinet00:20180717221240j:plain
こんな感じ。

ポイントとしては、まずは手すりの両端を2~3cm程度ゼリー状の瞬間接着剤で船体に固定します。

手すりが長い場合は中央付近も同様に固定します。一気にやろうとせずに、端から順に固定していきます。

そして、残りを粘度の低い液状の瞬間接着剤で固定します。瞬間接着剤のノズル部分を手すりと船体の間に押し当てると、液状なのでスッと吸い込まれ綺麗に接着することができます。

 

 

まとめ

今回は艦橋や煙突・主砲などいった主要パーツや、手すりなどのエッチングパーツを取り付けていきました。

次回はまだ手を付けていないマストの製作や高角砲や機関銃?などといった細々としたパーツに取り掛かりたいと思います。

 

いじょう