プラモデル

フジミ 1/700 「比叡」 戦艦2隻目に挑戦!!製作記4

「フジミ 1/700 特シリーズ No.37 日本海軍戦艦 比叡」に挑戦中です。

 

さて、ほぼほぼ完成している比叡ですが、今回は残りの空中線張りと本格的?な汚し塗装をやっていこうと思います。

先輩方の作例を日々眺めているんですが、自分の腕の無さに嫌気がさします(涙)

それと同時になんでこんなに上手にできるんだ??と不思議に思ったりもします。

特にエッチングパーツ!!きれいに折り曲げられていて、正確に本体へ取り付けられています。もう神の領域!

この域に達するには数をこなし、トライ&エラーを繰り返すしかないんでしょうか・・・

本格的な汚し塗装に挑戦

これまでは黒のエナメル塗料をかなり薄めて、バシャバシャ塗って適当なウェザリング塗装をやってました。

ここまでくるのに気力を使い果たしてしまったんで、今回も同じでいっか。。。と思ってたんですが、なんとか気力を奮い立たせ、汚し塗装に初挑戦してみました。

f:id:ujinet00:20180831235046j:plain
使用するのはブラウンと黒のエナメル塗料、そして専用のうすめ液です。

f:id:ujinet00:20180831235224j:plain
こんな感じで塗料を皿に移します。

f:id:ujinet00:20180831235301j:plain
黒やブラウン、両方を混ぜた色などで適当に(ほんと適当に)、いい感じで線を引いていきます。

f:id:ujinet00:20180831235331j:plain
あとは薄め液でいい感じ(グラデーションになるイメージ)に、エナメル塗料を溶かしていきます。

f:id:ujinet00:20180831235408j:plain f:id:ujinet00:20180831235421j:plain f:id:ujinet00:20180831235441j:plain

f:id:ujinet00:20180831235430j:plain
こんな感じで仕上がりました。

初めて挑戦したわりにはなかなかの見栄えですw

逆にいうと、初めてでもこのレベルの見た目にはなるということ!!

 

これも練習が必要だな・・・


船体に空中線を張ります

後に引けなくなった空中線張りも大詰めです。

何処に接着するのか?というのが難しいところなんですが、これはもう超絶作品を作っているモデラーさんのブログやサイト、専門雑誌から調べるのが一番じゃないかと思います。

f:id:ujinet00:20180831235516j:plain
船体前方から艦橋あたりです。

f:id:ujinet00:20180831235534j:plain
ちなみに艦橋後ろの空中線ですが、気に入らなかったので張り直しました。

あんまり代わり映えしてないですが・・・

f:id:ujinet00:20180831235547j:plain
船体中央あたりはこんな感じです。

f:id:ujinet00:20180831235558j:plain
そして後方の空中線

ピンと張るのはかなり苦労しました(涙)

少したるんでますが、今はこれが限界です。

ポイントとしては張る長さを計測し、プラス0.5mm程度を切り取って貼るのと瞬間接着剤の硬化促進剤を使用することです。

まとめ

これでやっと完成です!!

いやーーホント長かった・・・涙

木甲板の塗装で投げ出したのが原因ですね。

 

初めて挑戦したことが殆どだったんですが、同時にいろいろと課題が見つかった思いである作品になったと思います。

 

次回は、祝!フジミ 1/700 「比叡」 遂に完成!! ですね。

 

いじょう