プラモデル

フジミ 1/700 「金剛」 戦艦にはじめて挑戦してみました

駆逐艦を2隻作ったところで、なんか戦艦もいけるんじゃないか?と意味不明な自信が湧いてきたので挑戦してみました。

記念すべき初!!戦艦に選んだのが、日本海軍が初の超弩級巡洋戦艦として建造した金剛型戦艦の1番艦「金剛」です。

 

キットはやっぱりフジミの1/700 ウォーターラインシリーズ

キットには1941年バージョンと1944年バージョンがありますが、今回は1944年レイテ沖海戦時を再現したキットにしました。

とくに理由もなくフジミのキットを購入してるんですが、フジミの他にも「アオシマ」「タミヤ」「ハセガワ」「ピットロード」などのメーカーがあります。

それぞれ特徴があるのですが、中でもフジミはパーツが細かく点数が多いです。その分出来栄えが良く、素組でも十分見ごたえのあるものが完成します。なんかゴチャゴチャ感があってかっこいー感じですw

私が艦船模型を始める時に参考にしていた諸先輩方のブログでもフジミを勧めていたのもここら辺が理由なのかもしれませんね。

 

そして突然ですが完成品がこちら。

f:id:ujinet00:20180524233136j:plain
今回は完全に素組で作りました。エッチングパーツが欲しかったんですが、Amazonで探しても見つからなかったので仕方なく、、、

 

f:id:ujinet00:20180524233159j:plain
後ろから。

塗装は今回も筆塗りをしています。ウォッシングは超適当・・・

でもそこはやっぱりフジミ。適当に塗装してもなんかゴチャゴチャ感があってかっこよくみえるでしょ??

これ超重要ですw!!

 

f:id:ujinet00:20180524233227j:plain
そして横から。

 

f:id:ujinet00:20180524233241j:plain
反対側。

 

やっぱり駆逐艦とくらべると大きい!!全長:約320ミリ、幅:約45ミリ、高さ:約57ミリといった感じです。

初めて戦艦に挑戦したわけですが、エッチングパーツを使わなかったせいか意外とサクサクと組みあがった感じがします。

パーツが沢山あって大変かと思ったけど、設計書通りに組み立てたら完成した感じ。やっぱりエッチングパーツは設計書が不親切なんだな。

 

一番やっててしんどかったのが、甲板の塗装です。水性ホビーカラーのライトブラウン(タン)を筆塗したんですが、発色が悪い!!隠ぺい力ってやつですか??

これは白い下地が必要だな!と感じました。結局2度塗りする羽目になり、あんまり意識してなかったから厚塗り感が半端ない感じになりました。

まぁでも結構いい感じにできたので満足です。

 

あと戦艦を組み立ててみて思ったんですが、やっぱり塗装にはエアブラシが欲しい!!筆で全部を塗装するのはちょっとしんどいです。効率化のためにも買っちゃおうかな・・・お財布と相談ですw

 

なんか艦船模型作りも楽しくなってきたので、本格的に作製する艦のことを調べて作製するのもいいかもしれませんね。でも面倒な事はしたくない・・・

 

あと作成途中の記事もアップすれば苦労した点とか参考になるかもなぁー。他のモデラーさん達のブログをみてるとクオリティ高すぎて、びっくりします!!

あーゆーの作りたい!と思う反面、超・初心者には、それどうやってんの!?って参考にならないこともしばしば(涙)

 

余談ですがこの「金剛」、4歳の息子とそのお友達に乱暴に扱われ、船首・船尾の棒がポキッ!!て折れたり、船体両側面にある大砲??(何て呼称するんだろう?)が見事に折られたりして帰還しました・・・涙

 

いじょう