子供

土屋鞄のランドセル「牛革ベーシックカラー 茶×白」が届きました!

9月末に注文していた土屋鞄のランドセルが届きました。

ランドセルを選ぶときはいろいろ悩みましたが、結局、ブランド力があり信頼感のある「土屋鞄」のランドセルを注文することに。

土屋鞄は私がトートバックや名刺入れなどで使用しており、商品の品質や修理などの対応にも非常に好感が持てるメーカーだと感じています。

やはり自分が良いと思ったメーカーを選ぶのが一番ですね。

 

それにしても、いわゆる「ラン活」てやつは疲れました。メーカー多すぎ。。。

どのメーカーにも特徴があり、また狙っているターゲットも明確で、いい商品がたくさんありました。それだけに消費者は悩むのですが(汗)

 

それでは土屋鞄のランドセルがどういった商品なのか?

来年のラン活に参考になればと思い、レビューしていきたいと思います。

 

土屋鞄のランドセル「牛革ベーシックカラー 茶×白」

私が息子のために注文したランドセルは、「2020年モデル 牛革ベーシックカラー 茶×白」になります。

 


土屋鞄製造所とプリントされた段ボールに梱包されて届きます。外装の段ボールも目立ったキズがなく、丁寧に扱われていることが分かります。

ありがとう、運送会社さん。

 

梱包材の段ボールにはこのようなプリントもされています。

こういった心遣いが嬉しいです。

 

さっそくパッケージを開封していきます。

土屋鞄から、お祝いのメッセージとランドセルへ込められた思いが綴られてます。

 

こんな感じでランドセルが納められてます。

 

中身の確認。

ランドセル(袋付き)と「ランドセルのある暮らし」の冊子、あと何やらきんちゃくが付属してます。

 

きんちゃくの中身を確認します。

  • 雨カバー
  • 革製のレターセット「かぞくのおてがみ」
  • 6年間サポートBOOK

ランドセルは革製品なので、お手入れの方法やサポートが書かれた冊子があります。

定期的にメンテナンスをするのが、長持ちさせるポイントですね。

あと、きんちゃくは小学校で小物入れとして使えそうです。

 

ランドセル袋から取り出します。

キズがつかないようにクッション材やフィルムで保護されてますね。

土屋鞄からのメッセージも泣けてきます(年を取ると涙もろくなりますよね)。

 

革の質感、革の香り、全体の雰囲気。

すばらしいです。

自分が小学生だった頃のランドセルってこんなんだったっけ?

今どきの小学生は贅沢ですね。

 

A4フラットファイルに対応した設計。

※内寸:高さ(最高部)31cm × 横幅 23.2cm × マチ(奥行)11.5cm

 

ランドセルを開くと、持ち主を記入するプレートや、カバーの裏側にある時間割表は昔とかわらないですねw

 

ランドセルの両サイドや肩ベルトには金具が装備されています。

肩ベルトには防犯ブザー、両サイドには水筒や体操着の巾着など使い方は様々。

 

造りも非常にしっかりしています。

ほつれは当然ながらありません。力がかかる個所、細かな個所、とても丁寧で丈夫に造られていることが分かります。

さすが土屋鞄といったところでしょう。

 

レビューをしつつ同時に検品もしていたんですが、完ぺきな商品でした。

土屋鞄の質の高さがうかがえます。

 


なぜ「牛革ベーシックカラー 茶×白」にしたのか?

土屋鞄のランドセル 2020年モデルでは、使用している革の種類や、カラー、仕上げなどによって、沢山の組み合わせがあります。

シリーズ モデル 価格帯(税込)
牛革 ベーシックカラー ¥71,200
プレミアムカラー ¥76,300
アンティークモデル ¥78,400
コードバン ベーシックカラー ¥95,700
プレミアムカラー ¥101,800
アンティークモデル ¥106,900
つや有り仕上げ ¥122,200
クラリーノ・エフ ベーシックカラー ¥63,100
ヌメ革 ランドセル ¥101,800
アトリエ 牛革 ¥78,400
クラリーノ・エフ ¥73,300

※2020年モデルは受付が終了しています。

「土屋鞄のランドセル」はこちら

 

わが家が購入したのは「牛革 ベーシックカラー 茶×白」です。

購入の決め手となったのは、お値段と質感

色は息子に選ばせました(正確には、親が誘導したんですが、、、)。

 

見て触った感じでは、コードバンかヌメ革が欲しくなりましたが、さすがにお値段が高いです。

また、使うのは子供なので乱暴に扱われるのは目に見えてる。

コードバンは擦り傷やひっかき傷が目立つし、ヌメ革なんて手入れが大変すぎます。エイジングが楽しめる、なんてもう大人の世界ですよね(汗)

革の特徴や扱い方は理解しているのですが、使うのは子供。しかも6年間です。

 

ということで、親のエゴは土屋鞄というブランドまでということで、一番シンプルなモデルである牛革に決定しました。

 

ちなみにクラリーノは人工皮革で雨や汚れに強く、なにより軽くて丈夫です。

見た目も、比べなければ分からない程度。さすがに触ってみると質感が違うんですが、小学生は革を比べたり触りながら品評会なんてしませんよね。

 

冷静に考えて、このモデルが一番な気がしますが、そこは親のエゴ。

私は革の方が好きなので、牛革にすることにしました。

 

まとめ | 土屋鞄のランドセル「牛革ベーシックカラー 茶×白」

はやいもので、すでに2021年モデルのカタログ請求が始まっています。

これからランドセル選びに悩む親の参考になれば幸いです。

 

恐らくどのメーカーを選んでも後悔はないと思います。

自分が子供だった頃、ランドセルのメーカーや細かな造りなんて気にしたことありますか?

 

結局、親が見栄とエゴで選んでるにすぎない。

だから好きなものを選べばいいんですよ。無理する必要もないし、無理していいやつを買ってもいい。

子供はそんなの気にせず成長します。

ランドセルじゃなくて、自分の子供をしっかりみてあげて下さいね。

 

ちなみに、私が選んだ「牛革 ベーシックカラー 茶×白」ですが、思った以上に暗い茶色です。

いわるゆダークブラウン。ほんといい感じです。

息子くんがランドセルをしょって小学校へ通う日が楽しみです。